難波人妻風俗とイメトレ

難波にどんな人妻風俗があるのかしらないが、とにかくイメクラ一点突破しか頭になかった。
本物じゃないけど、本物じゃなくたっていいじゃないか!
そうだよ!気付いてよかった!俺はキャビンアテンダントに触れたいんだ!
俺はキャビンアテンダントとセックスしたいわけであって、そこに本物か偽物かなんて関係ないんだ。
ていうか、制服きてれば本物のキャビンアテンダントって思っていいよね!
キャビンアテンダントを服の上から愛撫して、キスをして、耳を舐めながら胸を揉む!
そしてオマンコに手を伸ばすと、パンティとパンストが湿っているのが分かる!
「エロエロキャビンアテンダントだなぁお前は!」なんて言いながら、股を開かせてそのままパンストの上からクンニしてオマンコの味と匂いを堪能するんだ。
そして、パンストを破ってTバックのパンティの隙間からオマンコの状態を確認すると、止めどなく溢れ出るラブジュースで指がべとべとになる!
そのままGスポットを刺激すれば、「あ、ダメ!んんっイク!イッちゃう!!」なんて言いながらだらしなく潮を吹き上げるのだ、間違いない!

こうなったらもう俺も止まらない!
汗だか唾液だか愛液だか潮だか分からないくらいぐちゃぐちゃになったキャビンアテンダントの制服をひんむいて、手マンしながら乳首を徹底的にペロペロしてやるんだ!
きっとこの頃にはキャビンアテンダントは俺にメロメロになってて、俺のちんちんをじゅぶじゅぶと音を立てながらしゃぶりはじめるだろう!
そうなったらこっちのもんで、69でお互いに責め合いだ!
キャビンアテンダントの顔は唾液と我慢汁と汗でべちょべちょだろうし、俺の顔は唾液と愛液と潮でべちょべちょになるだろう。
このへんできっと、キャビンアテンダントは我慢出来なくなって、俺の上に跨って、東京発難波着のマンコで俺のちんちんを包み込むだろう。
そして、風俗嬢ばりに、風俗嬢だけど!ガンガンと子宮に俺のちんちんを押し当て始める。
すこし騎乗位を楽しんだら、俺も負けじと立ちバックで応戦だ!!
夜景の見える窓に両手をつかせて、パンパンになった亀頭でキャビンアテンダントのマンコをぐちゃぐちゃにかき混ぜてやる!
キャビンアテンダントの腰はガクガクで、俺はピストンしながら身体を支えるのでもう必死だ!

キャビンアテンダントのマンコがなんども俺のちんちんを締め付けてきて、もう俺も我慢出来ない。
立ち正常位に体位を変えて、キャビンアテンダントにキスをすると、そのキスでまたキャビンアテンダントがイッてガクガクしながらマンコを最高にきつく締め付けてくる!!
ついに限界を迎え、俺の精子たちがキャビンアテンダントの子宮に向かって「びゅるるるるんんんん!!!!」とテイクオフ!!
キャビンアテンダントは「はぁっはぁっオマンコに出すの、はぁっ気持ち良かった?」と俺の精液をあそこから垂れ流しながら聞いてくる。
俺は何も言わずにキャビンアテンダントを抱きしめた。

よし、イメトレは終わった。
あとは難波にあるイメクラでキャビンアテンダントのコスプレを頼もう!
風俗嬢はどんなストーリーでもノリの良く対応してくれる嬢をお願いして、俺のこの想像を聞いてもらおう!
あぁ、楽しみになってきた!!
俺は今から難波の人妻風俗にテイクオフして、キャビンアテンダントとのセックスを楽しむのだ!