難波人妻風俗とテクノロジー

毎日のようにエッチのてくにっく、男の性感帯を吹き込まれるが、私の言うセックスは「気持よく」なくてはならないという、この素晴らしいセックスの基本をきちんと抑えている。ことに「愛のこもったエッチ」これは至上と言ってよい。桃源郷そのものである。要するに、風俗嬢はみんなセックスのなんたるかを知っているのだろう。
もとよりセックス大好きで、仕事にするほどまでにエッチを重ねた人がいっぱいいて今の風俗業界を支えていることは非常に素晴らしいことである。
よきセックス、よきディープキスは人生をキラキラさせる、これは昔から言うことである。だいたいみんな、この事実を耳にしているはずであるが、実際にフリーセックスを村長している傾向はない。悲しむべき傾向である。おかねもちと貧乏庶民の区別はあっても、心から気持ちよくなれるセックスに関心があるなら、それぞれ相応のテクニックをもって心を快楽に導くべく、美しくたおやかに処置し得るものである。知ってはいるが、持つものを持たないから、それは無理だ、などという者の後を断たないということはまことに残念である。
セックスの趣味が高尚であればくりだされるところのフェラチオとか手コキとかのテクニックもすべての全裸待機とかも、おのずと気位も備わりきんたまきもちよく、アナルたのしく、完全に精神衛生は達し得られるはずである。

風俗嬢の店長もボーイも、それぞれ幹部候補とか段階があって、やることや給料の相違はあっても事実として問われる所は、いずれもお客さんに素晴らしいサービスをすることであって、真に満足するセックス、それは本当にまごころこもった風俗嬢ならみんなできることである。
素人の如きエッチ経験少なきものは、高級デリヘル嬢店舗でもウブさをフェチズムとしてナンバーワン狙うことはできるが、様々に技術を身につけ開発され、素人をしてこれはどうしてナンバーワンかに感動さすといったふうなものには、実際「素晴らしい」嬢がいっぱいなのがふつうである。この「素晴らしい」嬢を見て奮起し、新人嬢が育つという効果もあって、店舗の流行となり、真の素晴らしいデリヘルテンポになれるのである。風俗に恵まれたわが日本は、数千万人の素晴らしい風俗嬢がいて、黒ギャルも白ギャルも産している有難い国である。嬢のサービスのクオリティをみてみれば巨乳美人のおおいブラジルにも引けをとらない。
日本の女の子は可愛らしさと肌のすべすべさに恵まれすぎている。この天来の持ち味を生かすか殺すかが、風俗経営者の責任であり楽しみの種でもある。その昔単なる女子高生、得体が知れない住所不定の神待ち少女、これらを生かして新機軸店舗を発明し、気持ちよくて安くて、リピって万人貴賤都鄙(とひ)みな好きな風俗店、ハプニングバーをつくりあげたひとは本当にすごい。
現今のように無闇にローターとかおもちゃとかを投じ、風俗嬢の得意テクの持ち味を殺しいささかも顧みる所なきくそ客はきんたまを砕いて出禁にするほかはない。
欧米人の偽乳とかおっぱいのおおきさばかりやたらに有難がりやわらかさとか張りについては全くむとんちゃくで、、一から十まで外人の真似事風俗店経営は、デリヘル遊びの心得のある人をしてどんびきせしめているが、バタ臭い顔には日本人特有のロリ味がないのには気付かないのか。日本人は、ライスカレー、シチュー、ソースまでみな甘いのだ。日本人は甘ロリとか甘々エッチとか大好きなのだ。ロリッ子は風俗店を盛り上げる素晴らしいパワーを持っていることを知るべきである。いずれにしてもロリっ子の乱用には合法的な経営が必要であることは言うにも及ばないだろう。
こういった素晴らしいテクノロジーが凝縮されたお店も、難波人妻風俗にはある。